結婚式の引き出物選びは慎重に【魅力的なギフトをゲストに渡そう】

花とロウソク

カタログギフト

ギフト

結婚式に出席してもらったゲストに対して引き出物を用意することは一般的です。引き出物の特徴としては昆布や鰹節などおめでたい食品を選ぶことが多く、その平均的な予算は3000円から5000円程度となっています。そして現在では引き出物の種類は昔に比べて増加傾向にあります。例えば以前は食器やお菓子、乾物などが主流でしたが近年はキッチン用品やバス用品などを選ぶ新郎新婦も増えています。その理由としては重たい食器類よりも日常生活で利用できる品物を贈りたいと考えるようになっているからです。そしてこのような特徴がより強く反映している引き出物がカタログギフトであり、自分達の好きな商品を選べることからゲスト側にも人気が集まっています。

次に引き出物を選ぶ際に工夫することで得られるメリットについて説明をします。上記にも述べたように近年はカタログギフトを選ぶ方が増えています。カタログなら出席者が結婚式を終えて持って帰る際にも軽いため荷物にならないし、自分の必要な物をもらえるので魅力的です。そしてカタログギフトにはカタログによって価格が設定されているのでご祝儀を多く頂いた方やお世話になった方には他のゲストの方達よりもランクが高いカタログを贈ることができるのです。このように工夫をすることでお世話になった方達へより自分達の気持ちを伝えることができます。またカタログなので方のゲストの方達に引き出物の違いが知られることがないのも利点となっています。

香典お返しの常識と傾向

花

香典返しとは、香典をいただいた方に対して、四十九日の法要を待って贈られる金品のことです。香典返しの予算は相場としては半返しとなります。最近ではカタログギフトを贈るケースが多く、より個性を尊重する形の香典返しが増えてくると思われます。

相手に選んでもらえば確実

プレゼント

結婚内祝いとは結婚式に参列しなかった人から結婚祝いを頂いた際に贈るお返しです。これまでは日用品やお菓子など消え物が定番とされていましたが、最近では先方で好きな物を選んでもらえるカタログギフトが大人気です。

人気の品とNGの品

四葉のクローバー

結婚式の引き出物として圧倒的な人気を誇るカタログギフト。今や引き出物の定番になっています。最近はバラエティも豊かになって、そこでどれがいいか迷ってしまうほどです。また軽くてかさばらないのも人気の理由の一つです。